<< 郡上八幡、頼母子講。 MAIN エゾシカの前足で「チャンサンマハ」! >>
シルビオ・ゲゼルの「ヴェルグルの労働証明書」
前記事、「交換リング、デーマーク、東ドイツ。」の関連。

この番組のなかにあった、地域通貨の話で
シルビオ・ゲゼルという人がかんがえた
「老化するお金が、経済を回す」というのがあった。
その考えを軸に作られたのが、地域通貨でもある
「ヴェルグルの労働証明書」というもの。

詳しくは、上記リンク先の動画をどうぞ。

(全文書き起こしもありました)
http://rothschild.ehoh.net/material/animation_03.html

こちらについても、納得しつつ、いろいろ思う。
デーマークのように、
「これだけでは成り立たない」性質のものですね。
でも、これが全てではないのと同時に、
これが持つuniqueなすてきさがある。
併用していったらいいのではないか。

だって、今だって、おなじ「貨幣」で回しているけれども
「株式市場で扱われるカネと、
パンを買うときのお金と性質は異なる」のだから。


そこから、考えたこと。
思いつきなので、雑です。

金(gold)と交換できる兌換紙幣は、アリ。
・老化しないお金だけど、架空・無限の価値ではない。
・金の量(金でなくてもいいですが)の限界と連動する。
→こういうお金は「貯蓄」用に使う。


・コメそのもの、またはコメと交換できる
 「老化するお金」、「価値が減衰するお金」もアリ。
・老化するお金だからこそ、はじめの価値(新米おいしい)は高い。
・計画的に使うのに適している。
・当然、コメの実際の量と連動する。
→こういうお金は日々の生計をたてるために使う。


頼母子講といい、コレといい、
じゃ、その「集めたお金」や、「金の交換所」は、
だれが運営するのか、ってとこですね。

私はやりたくないし不適当だよなあ……と思ったら、
「信じてる」ってことばで、人にその「自分がやりたくないこと」を
おまかせするのは、何だかフェアじゃないなあ、という気がしてきました。

「信用できるひとり」もいいけど、
「みんなで誰かのを預かり合う」というのも
(ある意味、痛み分け)もしかしたら、いいのかもしれない。

なんだかんだ、なにもかも、考え中です。



おかねのこと | 09:27 | comments(0) | - | - |
コメント
コメントする








COMMENTS
  • シカring
    R.Hashimoto (04/30)
  • 民映研ビデオ「映像民俗学シリーズ・日本の姿」 第11巻・竹縄のさと 第8巻・下園の十五夜行事 感想
    emix (11/19)
  • 民映研ビデオ「映像民俗学シリーズ・日本の姿」 第11巻・竹縄のさと 第8巻・下園の十五夜行事 感想
    夢子 (08/18)
  • 訃報
    emix (08/07)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/28)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/28)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/21)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/21)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/21)
  • 古い建具たちの、リユース。
    emix (04/06)
CALENDAR
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
PROFILE
SEARCH BOX