<< 犬や猫を保護したら/犬や猫がいなくなったら MAIN 指針としたい生きかた。 >>
左官やさんに教わる、かまどづくり。
知り合いの左官やさんに、お米の収穫祭イベントで
かまどを使いたいのだけど……と友人と一緒に相談したところ、
携帯用の、なんともかわいい かまどを試作してくれました。

携帯かまど

かまどについて、私はまだまだ勉強中で
詳しいことは理解しきれていないのですが、
聞いたことを箇条書きでまとめると、

・土壁用の、粗壁(あらかべ)土で作れる
・粗壁土は発酵させてるのでねばりがあって扱いやすいけど、
 これでなければできないということはない
・陶芸用の土でもいいけど、もったいないかも
・細かい粘土より、荒さのある土のほうが、
 かまどには適している
・ふつうの、そこらへんにある赤土でも作れる
=気楽に誰でも作れるよ

・内側は使う間に焼かれていくけれど、
 焼成しないでつくるので、外側はどんどん土を足していけばいい
・ひびがはいったらそこに土を埋めてなおせばいい
・割れたら土でなおせばいい
・形が気に入らなかったらつけ足して変えていってもいい
・手とか足とか、角とかつけたっていい
・(表面を塗って仕上げてしまわないからできること)
=使いながら調整したり、育てていける

・これは煙道(煙突)をつけないタイプ
・煙道があると、構造が一気に複雑になる
・なので、煙道がないからこそ、作るときの自由度が高い
・間口の大きさが肝。○センチくらい。(要確認)
 ここだけ注意して作ればいい
=煙道がないタイプだからこそ、手軽に作り、扱える

・煙道がないと、強い火力は出ない
・遠赤外線の、じわじわした加熱になる
・火力の必要な中華料理には向かないけど、日本の料理には問題なし
=鍋料理や炊飯に適している


その他、木でできた枠の中に土を塗って作ったものとか、
瓦を積んだだけのもの、土に穴を掘ったもの、
いろんなスタイルのかまどがあったんだよー、と
聞いたりしたのでした。

もともと、かまどづくりは左官やさんの仕事でありつつ、
自分ちでみんな、それぞれに作っていたものだとのこと。
おうちだって、そうですね。大工さんの仕事であるけれど、
みんなそれぞれ、自分たちで作っていたもの。

高級品、職人の技、そういった
「素材の選択」「仕上がりの練度」は別として、
その「もの」じたいが「買わないと手に入らない」という状況は、
本来、すごく少ないものだったのだと思います。


そうそう。
このお話のなかで、
「割れたら直して、土を足して、育てていける」という
説明を聞いた瞬間、胸がキュン。
そこにあるかまどがいきものに見えて、
「かわいい」と思えちゃった。

そして、うれしいことに
この子、いただいちゃいました。

車に積んで、いつでもどこにでも
連れていこうと思います。

名前、何にしようかな。



土、石のこと | 16:06 | comments(0) | - | - |
コメント
コメントする








COMMENTS
  • シカring
    R.Hashimoto (04/30)
  • 民映研ビデオ「映像民俗学シリーズ・日本の姿」 第11巻・竹縄のさと 第8巻・下園の十五夜行事 感想
    emix (11/19)
  • 民映研ビデオ「映像民俗学シリーズ・日本の姿」 第11巻・竹縄のさと 第8巻・下園の十五夜行事 感想
    夢子 (08/18)
  • 訃報
    emix (08/07)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/28)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/28)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/21)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/21)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/21)
  • 古い建具たちの、リユース。
    emix (04/06)
CALENDAR
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
PROFILE
SEARCH BOX