指針としたい生きかた。
ひとつ、コミュニティ的な場を作るなら、
「これを憲章のようにしていきたい」と
ずっと思ってたことばがあるので、
ちょいとお借りして、書き記しておきます。

機嫌よく、いつも、ずっと、いつまでも。


-----------

機嫌よくいつもいたいなあ、と思うのです。
できることならば、どういういやなことがあっても、
機嫌よくいたいものです。
機嫌がいいときというのは、ものがよく見えます。
機嫌のいいときというのは、音がよく聞こえます。

じぶんが機嫌よくいたいのも、そうですが、
他の人が機嫌いいのも、とてもいいなあと思います。
機嫌のいい人のところに、ぼくは引き寄せられます。

機嫌のいい人のそばにいると、
なにかいいことが起こりそうな気がするのです。
じぶんでも、よくわかっちゃいないことが多いですが、
機嫌というものが、ぼくにとってはとても大事です。
なんなんでしょうねえ、それ。

「悲しみのわかる、機嫌のいい人」というのは、
ぼくの理想的な人間像かもしれません。

「あたまのなかにある公園」糸井重里ほぼ日ブックス より





ことば | 10:36 | comments(0) | - | - |
アラスカ・アサバスカン・インディアンのかたのはなし。
『子どもの頃、おばあさんとブルーベリーを摘みに行った時のこと。私はひとつひとつの実を摘むのに疲れてしまい、いっぱい実がついている枝をそのまま折って、おばあさんに持っていったの。その時、こんなことを言われたのを覚えている。“ブルーベリーの実はもうそこにはできないよ。そしてお前の運も悪くなる”』

星野道夫著「長い旅の途上」より。
効率化、利便性がうしなうものの、わかりやすい警鐘だなあと思う。
「運が悪くなる」は、漠然としているようで、明確な因果のような気がします。


ことば | 00:07 | comments(0) | - | - |
COMMENTS
  • シカring
    R.Hashimoto (04/30)
  • 民映研ビデオ「映像民俗学シリーズ・日本の姿」 第11巻・竹縄のさと 第8巻・下園の十五夜行事 感想
    emix (11/19)
  • 民映研ビデオ「映像民俗学シリーズ・日本の姿」 第11巻・竹縄のさと 第8巻・下園の十五夜行事 感想
    夢子 (08/18)
  • 訃報
    emix (08/07)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/28)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/28)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/21)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/21)
  • 6/28第一回上映。「民映研の映画を見よう会」ページをつくりました。
    emix (06/21)
  • 古い建具たちの、リユース。
    emix (04/06)
CALENDAR
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PROFILE
SEARCH BOX